へバーデン結節でお困りなら今すぐ相談を!東京大田区の鍼灸治療院

 

へバーデン結節 
ワンランク上の治療

へバーデン結節を治すコツ
※当治療院は 国家資格であるはり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師の 免許を保有する有資格者が施術いたします。
 

へバーデン結節とは

 

へバーデン結節とは、手の指の第一関節であるDIP関節(遠位指節間関節)における変形性関節症です。

 
指先に近い関節が、初めは発赤、腫脹、疼痛の症状が出ます。
 
徐々に関節が曲がってしまうなど変形が見られるようになります。
 

へバーデン結節の治療

 

へバーデン結節は、ほとんどの場合、時間が経つと自然に痛みはなくなります。

変形が進んでいる時が、一番痛みを感じます。
 
整形外科では、痛みがとれるまでは、理学療法、湿布や飲み薬などの対症療法となります。
 
対症療法ですので、できれば、湿布、飲み薬は避けることをおススメします。
 
正しく治療を行うと、変形は残りますが、痛みは無くなり、不自由なく日常生活をおくれるようになります。
 
 
私自身、学生時代に両小指ともへバーデン結節になりました。
しかし、現在は何も問題なく使えています。
 
 
へバーデン結節の原因は、ばね指腱鞘炎などと同じ、機能的過労、つまり使いすぎです
 
大事なのは、腱鞘炎ばね指の場合と同様に原因を取り除くことです。
 
本質は、腕、肩、首、背、腰などカラダ全体の調整が必要であると考え、全身施術を基本的な方法としております。
 
患部へは、経絡を考えたツボへの刺鍼やお灸をすることで、痛みを緩和させます。
 
施術すると同時に、8年間の整形外科勤務経験武術をはじめとする様々な運動の経験から、カラダを楽に効率的に動かす方法をレクチャーいたします。
 

めざすことは、へバーデン結節を再発させないことです。

 
カラダの使い方を改善し、ムリのない動きをすることが重要です。
 
日常において、手作業であっても、カラダ全体を協調させてうまく行なうことにより、症状が出ないよう予防することができるのです。

へバーデン結節とは

 
へバーデン結節とは、
手の指の第一関節であるDIP関節(遠位指節間関節)における
変形性関節症です。
 
指先に近い関節が、
初めは発赤、腫脹、疼痛の症状が出ます。
 
徐々に関節が曲がってしまうなど
変形が見られるようになります。
 

へバーデン結節の治療

 
へバーデン結節は、ほとんどの場合、
時間が経つと自然に痛みはなくなります。
変形が進んでいる時が、一番痛みを感じます。
 
整形外科では、
痛みがとれるまでは、
理学療法、湿布や飲み薬などの対症療法となります。
 
対症療法ですので、
できれば、湿布、飲み薬は避けることをおススメします。
 
正しく治療を行うと、
変形は残りますが、痛みは無くなり、
不自由なく日常生活をおくれるようになります。
 
 
私自身、学生時代に両小指ともへバーデン結節になりました。
しかし、現在は何も問題なく使えています。
 
 
へバーデン結節の原因は、
ばね指腱鞘炎などと同じ、
機能的過労、つまり使いすぎです
 
大事なのは、腱鞘炎ばね指の場合と同様に
原因を取り除くことです。
 
本質は、腕、肩、首、背、腰など
カラダ全体の調整が必要であると考え、
全身施術を基本的な方法としております。
 
患部へは、経絡を考えたツボへの刺鍼やお灸をすることで、
痛みを緩和させます。
 
施術すると同時に、
8年間の整形外科勤務経験
武術をはじめとする様々な運動の経験から、
カラダを楽に効率的に動かす方法をレクチャーいたします。
 

めざすことは、へバーデン結節を再発させないことです。
 

カラダの使い方を改善し、ムリのない動きをすることが重要です。
 
日常において、
手作業であっても、
カラダ全体を協調させてうまく行なうことにより、
症状が出ないよう予防することができるのです。

菊地鍼灸治療院

 
〒143-0015 
東京都大田区大森西3-17-11
京浜急行線 大森町駅徒歩3分
 
受付時間 9:00~22:00
定休日  日祝
院長   菊地 貴彦
 
ご予約・お問い合わせ
 
WEB予約なら24時間受付中